はいいろ速報@youtubeまとめ

YouTube専門の5chまとめサイト。YouTuberやVtuberの気になるグレーな話題を紹介。大きな話題はほぼまとめてるので、ココさえ見ておけばOK!記事のご依頼は問合せよりお願いします。

    スポンサーリンク

    江頭2:50


    宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年〈昭和45年〉3月31日 - )は、日本のYouTuber、実業家、お笑いタレント 、歌手、俳優、司会者、声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。お笑いコンビ雨上がり決死隊の全活動期(1989年 - 2021年)のメンバー。現在はYouTubeを主な拠点として活動している。…
    52キロバイト (6,454 語) - 2023年11月19日 (日) 02:58
    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント。1980年に木梨憲武とお笑いコンビ「とんねるず」を結成し、歌手、俳優としても活動。アライバル所属、兼同社代表取締役社長。 趣味: 野球・ゴルフ・映画鑑賞・酒・料理・競馬…
    51キロバイト (6,433 語) - 2023年12月12日 (火) 13:27
    江頭2:50(えがしらにじごじゅっぷん、本名:江頭 秀晴〈えがしら ひではる〉、1965年〈昭和40年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。愛称は「エガちゃん」。所属事務所はばんぺいゆマネジメント。2020年9月までは大川興業に所属していた。…
    113キロバイト (16,538 語) - 2023年12月9日 (土) 00:07

    (出典 coconutsjapan.com)



    (出典 www.daily.co.jp)



    1 愛の戦士 ★ :2023/12/13(水) 05:35:57.49 ID:neeuR5Qb9
    FRIDAY 12/12(火) 10:00

    相方の蛍原徹(55)にヒジ鉄を食らって、『雨上がり決死隊』は解散。YouTubeもジリ貧とあって、焼き肉店『牛宮城』が宮迫の最後の砦に

    12月に東京・渋谷でオープン予定のオムライス店「オムサコライス」を監修する宮迫博之(53)。焼き肉店に続き好調な飲食店事業とは裏腹に、YouTubeの再生回数が伸び悩んでいる。

    宮迫博之の”実家の味”も…お好み焼き、たこ焼き、焼きそば「粉もん店」がいま次々と倒産しているワケ

    「’19年11月にチャンネルを開設すると、コロナ禍が追い風となって動画は100万回再生を連発しました。芸人仲間や人気ユーチューバーとのコラボ動画も好評でしたが、現在はネタ切れのようで10万回再生を超えない動画も珍しくありません」(制作会社ディレクター)

    石橋貴明(62)も人気ディレクターで盟友のマッコイ斉藤(53)とタッグを組み、YouTubeに活路を見出したものの、最近は100万回再生を超えるヒットをほとんど出せていない。前出の制作会社ディレクターは「最初から予想された結果」だと指摘する。

    「YouTubeのメイン視聴者である若い世代は、彼らの全盛期を知らないですからね。最初は40代以上の世代が懐かしくてチェックしていたけど、すぐに飽きた。伸び悩むのは当然でしょう」

    一方、同時期にチャンネルを開設した江頭2:50(58)の動画は、現在も数百万回再生を連発している。

    「ひとえに彼本人のキャラクターによるもの。オワコン化した石橋や不祥事で退場した宮迫と違い、江頭はコンプライアンス強化によってテレビで起用しづらくなっただけ。東日本大震災の時にはひっそり現地で支援活動を行うなど、真面目で熱い人間性が広く支持されています。人柄の良さに加えて、YouTubeなら可能な過激なネタ、エガちゃんがスタッフに振り回される面白さが若い視聴者に刺さっているんです」(放送作家)

    YouTubeで支持されるためには、「石橋や宮迫にはないスピード感が大事」だと、動画編集スタッフは言う。

    「『さらば青春の光』のチャンネルでは、『ハライチ』岩井勇気(37)の18歳差婚をすぐさま取り上げてイジり倒していました。『チョコレートプラネット』の長田庄平(43)は、自身が歌手の瑛人(26)に似ていると言われるや、即、ヒット曲『香水』のパロディを自分のチャンネル内で配信しています。ネットでの流行り廃(すた)りのサイクルは異常に速く、YouTubeでは″先にやったもん勝ち″みたいなところがある。ところが、プライドが邪魔するから芸人は二番煎じをやりたがらない。スピードは相当大事なのですが、大御所は腰が重くてネットの流行りにも疎い……」

    YouTubeやTikTokでの再生回数は「テレビ番組のキャスティングにも直結する」と前出の放送作家は言う。

    「サムネイルが面白くてバズりまくっている『ジェラードン』、ショート動画で再評価された『ラバーガール』が最たる例ですが、今やSNSや動画のフォロワー数、再生回数は芸人の″能力値″のようなもの。スポンサーもネットのバズりを重視しています。逆に動画の再生回数が伸び悩んでいる石橋や宮迫はあらためてオワコンのレッテルが貼られてしまっている。大御所のYouTube参入は両刃の剣でもありますね……」

    YouTubeに参入したタイミングこそ早かったが、このままでは石橋と宮迫の退場も早まりそうだ。

    『FRIDAY』2023年12月8・15日号より

    FRIDAYデジタル
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/4dc3c8323c9a93009b60adfbc2426436fecb25d8&preview=auto

    【【YouTube】石橋・宮迫はオワコン・・・再生数は能力値】の続きを読む

    図8

    1: はいいろ速報@youtubeまとめ 2022/12/12(月) 11:14:22.98 ID:OK18ZEy/9
    東スポWeb 12/12(月) 10:31

     芸人の江頭2:50(57)とガーシー(東谷義和氏=51)がドバイでユーチューブ初コラボもチャンネルBANを恐れたエガちゃんねるが強硬措置に出た。

     エガちゃんねる初の海外ロケとなったのはアラブ首相国連邦。イスラム圏といえば、江頭は1996年にトルコで全裸事件を引き起こした過去があるだけに何をするにもおっかなびっくりでの撮影となった。
     
     12日に公開されたUAEロケ第2弾はドバイ。「ドバイといえば、あの方と連絡が取れて…」とブリーフ団が引き合わせたのは、現地に滞在しているガーシーだ。

     江頭はガーシーを見た途端、「ヤバイ! Gじゃない? お前がユーチューブ映ったらBANされるだろ! なんかかぶせろ!(BANになったら)オレ、職なくなっちゃうよ」と大慌てで、ガーシーの顔をスカーフでグルグル巻きにした揚げ句、サングラスを着用。さらに顔にも画像処理の念には念を入れて、顔出しを防いだ。

     江頭は「大丈夫? 命狙われていない?」とかつてガーシーにかけられていた3億円の懸賞金話でトークは弾むかに見えたが、芸人コラボでテンションが高いガーシーはドバイに滞在している理由や現地にネオTOKYO(日本人街)構想などまじめな話の独演会に。江頭が理解できないとあって、すべて早送りされた。

     すると江頭は「難しい話はどうでもいい」と下ネタ話で盛り上がったが、今度は内容が過激過ぎて「このトークどこが使える?」とこれまた早送り。

     江頭は「今回はほとんど使えないと思うけど、BANされないように行くわ。Gとかかわりあると思われると」と逃げるようにレストランを後にして結局、「ガーシー」の4文字を口にしなければ、インタビューシーンは3分内に縮められる慎重ぶりだった。

     ガーシーはインスタグラムで「めちゃくちゃええ人すぎて、じゃっかんひいたわw」「こんなオモロかったコラボは初めて 指名してくれて、ほんまおおきに!!!」と江頭に感謝していた。

    東スポWEB
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/b8a229c7aca04dca61cea01df0b20db201ae9c09&preview=auto
    ガーシー(左)と江頭2:50

    【【賛否】江頭2:50さん、ガーシー氏との初コラボに賛否の声「】の続きを読む

    図14

    1: はいいろ速報@youtubeまとめ 2022/12/04(日) 02:54:25.98 ID:+KDYrVds0
    天下の読売ジャイアンツに喧嘩を売る


    けつあな体温計をA*女優が挿入

    スタッフ「今回は案件なので広告がつかなくてもいい」

    その大勢のまま人のいる待合室を運搬される


    再生数も200万が限界…

    【【ヤバい】江頭2:50さんついに一線を越える→読売ジャイアンツに喧嘩を売り…】の続きを読む

    えがしらげりらー
    【【悲報】”江頭2:50”コスプレ会場で「大発狂ゲリラライブ」を敢行…出頭命令か】の続きを読む

    江頭はろうぃん

    【【ハロウィン】江頭2:50のコスプレが、あまりにもリアルすぎる(画像)】の続きを読む

    このページのトップヘ