はいいろ速報@youtubeまとめ

YouTube専門のまとめサイト。YouTuberやVtuberの気になるグレーな話題をご紹介してます。毎日10記事以上更新。見やすいサイトを目指してます。

    スポンサーリンク

    誹謗中傷


    発信者情報開示請求権(法4条関係) 文言としては総務省による解説に記載。インターネット上で匿名発信情報により被害を受けた者が、被害回復のために、特定電気通信役務提供者に対してIPやタイムスタンプ等の発信者情報の開示請求する権利。…
    15キロバイト (2,211 語) - 2023年4月3日 (月) 15:43
    誹謗中傷誹謗中傷」は、「誹謗」と「中傷」を合わせた言葉である。 「誹謗」 - 他人を悪く言うこと。そしること。 「中傷」 - 根拠のない事を言いふらして、他人の名誉を傷つけること。 これら二語が並列して「誹謗中傷」と表現されることがある。「誹謗中傷」が動詞化して(サ変動詞化して)「誹謗中傷する」という用法も見られる。…
    40キロバイト (5,881 語) - 2023年10月5日 (木) 22:45
    772人のうち一度も利用していないのは77.4%だった。 誹謗中傷 SNS上では、匿名であることをいいことに、誹謗中傷が発生しやすい。誹謗中傷を受けた対象者は、情報がSNS上に残っている限り、ずっと誹謗中傷を受け続けることが多い。 精神衛生 よく知られているように、ハーバード大学医…
    29キロバイト (4,178 語) - 2023年10月14日 (土) 11:15

    (出典 www.hiroo110.com)



    1 愛の戦士 ★ :2023/10/16(月) 07:29:55.64 ID:weZHX+xB9
    読売新聞 10/16(月) 7:23

     匿名によるインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷に対し、発信者を特定する開示請求手続きが大幅に簡略化されて10月で1年になり、裁判所への申し立てが急増している。新制度は特定までの時間を短縮し、速やかな被害救済が期待される一方、対応する事業者側の負担は重くなっている。裁判所の開示決定に事業者が対応できず、制裁金を科されるケースもある。(田中俊之)

    申し立て件数は3倍に

     「誹謗中傷の文言がネット上から消えることはない。手続きが楽になり、弁護士に頼らなくても、自分でできるようになった」。安全保障についてネット上で自身の考えを発信する男子大学生(25)はそう新制度の利点を語る。

     大学生によると、今年に入り、自身のSNSなどに容姿を揶揄(やゆ)する匿名の投稿が寄せられるようになり、新制度で25件の開示請求を東京地裁に申し立てた。

     最高裁によると、新制度の申立数は、全国の地裁で今年8月末までに計2764件だった。SNS事業者などの所在地で請求するため、このうち約95%(2644件)が東京地裁に集中。同地裁の専門部では、新制度がなかった2021年の申立数は894件で、新制度は既に3倍近くになっている。

    開示までの期間短縮、業者の負担は増加
     発信者を特定するには、〈1〉SNS事業者が管理するIPアドレス(ネット上の住所)を取得する〈2〉その情報で判明したプロバイダー(ネット接続業者)に発信者の氏名や住所の開示を求める――といった2段階の手続きが必要だ。

     従来は2回の手続きが必要だったが、昨年10月施行の改正プロバイダー責任制限法で導入された新制度では1回で済むようになった。法廷で争う一般の訴訟ではなく、裁判所が被害者からの申し立てに基づいて発信者情報の開示の可否を決定する。申し立て手数料(印紙代)は1件1000円で済む。

     新制度を利用する弁護士らからは、開示までの期間が短縮されたと一定評価する声が上がっている。特にプロバイダーの対応が素早くなり、「旧制度の訴訟であれば少なくとも3か月かかっていたが、新制度では早ければ1か月以内に開示される」という。

     一方、SNS事業者やプロバイダーの負担は増している。1件の請求で投稿は複数に及ぶケースが多く、求められる発信者の数が数十人を超えることもあるという。

     プロバイダーは契約者に氏名や住所を開示していいか意見照会をしており、日本インターネットプロバイダー協会(東京)の野口尚志理事は「人員的にも経済的にも過重な負担になっている」と話す。

    Xの対応「あまりに遅い」
     裁判所の開示決定に迅速に対応できない業者も出ており、複数の弁護士によると、新制度導入後、特にSNS大手のX(旧ツイッター)の遅れが目立つという。

     こうした中、従来の手続きに回帰する動きも見られる。新制度では事業者が開示に応じない場合、その後の手続きにより時間がかかる一方で、従来の手続きでは、制裁金によって開示を促す「間接強制」の手続きに直ちに移行できるからだ。

     裁判所から間接強制が認められれば、制裁金の発生前にX社が開示するケースが多いという。

     しかし、X社の対応が遅く、実際に制裁金が科される例も出ている。中傷被害を受けた男性は、従来の手続きの方が最終的に早くなると聞き、5月に東京地裁に開示を求め、認められた。それでもX社が開示せず、間接強制を同地裁に申し立て、1日につき10万円の制裁金をX社が男性に支払うよう命じる決定を8月以降に計3件受けたという。

     X社が開示したのは9月で、うち1件の発信者の通信記録は「ない」と回答があり、消去されてしまっていたという。今後、X社が男性に支払う制裁金は少なくとも300万円に上る。男性は「対応があまりに遅い」と憤る。

     X社に対し、取材を申し入れたが返答はない。

     開示制度に詳しい田中一哉弁護士(東京弁護士会)は「X社の対応は被害者の早期救済という制度の趣旨に反する。制裁金が実際に発生するという状況も異常事態だ」と指摘。その上で、「新制度で事業者側の負担が増しているのも事実だ。そもそも悪質な投稿をさせないようにSNS事業者が削除対策に力を入れたり、利用者の個人情報の登録を厳格化したりするなど、改善策の検討も必要ではないか」としている。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/df60be1a289fe918e6895895a0ea3c423267d7e1&preview=auto

    (出典 i.imgur.com)

    【【開示請求】ネットの誹謗中傷『件数3倍』SNS・Xは対応が酷い?】の続きを読む


    ぶいすぽっ! Virtual eSports Project(ぶいすぽバーチャルイースポーツプロジェクト)は、eスポーツのよさを広めていくことを目的としたバーチャルYouTuberグループ。運営は株式会社Brave groupのグループ企業である株式会社バーチャルエンターテイメント。 2021年…
    19キロバイト (2,197 語) - 2023年10月5日 (木) 11:45

    (出典 vspo.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/10/12(木) 19:05:48.31 ID:z86DaLgk9
    2023年10月12日 18:22

    10月12日、VTuberグループ「ぶいすぽっ!」(登録者数21万人)が公式X(旧ツイッター)を更新。所属タレントへ誹謗中傷行為をおこなった人物と示談が成立したことを報告しました。

    ぶいすぽっ!はeスポーツの普及を目的としたVTuberグループで、2018年に活動を開始しました。現在は「橘ひなの」(同60万人)や「一ノ瀬うるは」(同57万人)など18名が所属しています。

    116万4300円の損害賠償で示談が成立
    ぶいすぽっ!は、2021年10月に誹謗中傷やストーカー行為などに対応する対策委員会を設置したことを発表しており、今回の声明はグループの運営元である株式会社バーチャルエンターテイメントの誹謗中傷対策委員会名義となっています。

    特定された人物は、誹謗中傷やプライバシー侵害を含む記事を多数掲載していたといい、損害賠償請求の結果、将来にわたって所属タレントの記事を掲載しないと約束したほか、116万4300万円を支払う旨の示談が成立し、すでに示談金は回収されたとのことです。

    対策委員会は、現在もSNSやまとめサイトなどに複数の裁判手続きを進めているといい、今後も同様の裁判や、刑事手続きを含む損害賠償請求を実施する意向を表明。今回の成果は誹謗中傷行為を心配し、応援してくれたファンの協力の結果だとして感謝の意を示すとともに、被害に遭ったタレントに対するケアも引き続き全力で取り組んでいくとしています。

    https://yutura.net/news/archives/102684

    【【ぶいすぽっ】誹謗中傷で『まとめブログ』賠償金116万で示談】の続きを読む


    Google > YouTube プロジェクト YouTube YouTube(ユーチューブ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンブルーノに本社を置くオンライン動画共有プラットフォーム。アクティブユーザー数は、2022年1月時点で25億6,200万人(うち定額制サービス契約者数は8000万人以上)…
    117キロバイト (15,315 語) - 2023年8月9日 (水) 15:41

    (出典 www.fuhyo-bengoshicafe.com)




    1 おっさん友の会 ★ :2023/09/19(火) 13:48:56.14 ID:2k8t0oBK9
    Googleは19日、YouTube日本版公式ブログに「ネット上での嫌がらせやいじめに関する YouTube の取り組み」を掲載。
    2023年第1四半期、グローバルで、嫌がらせやネットいじめ、悪意のある表現、嫌がらせ行為を理由に削除された件数が
    チャンネル8万7000件以上、動画67万件以上、コメント7900万件以上だったと公表した。

     プラットフォーマーとしての責任に触れ、「YouTubeでは、ネット上での嫌がらせやいじめ
    およびヘイトスピーチについては、ハラスメントやネットいじめに関するポリシーと、ヘイトスピーチに関するポリシーの下
    厳しく取り締まっており、該当するコンテンツの迅速な削除に努めてきました」と説明。
     具体的に「違反コンテンツの検出については、問題となる可能性のあるコンテンツを AIが特定し、その後
    人間のコンテンツ審査担当者がYouTube のポリシーに違反しているかどうかを確認しています。
    ポリシーに違反しているコンテンツは削除し、そのデータは、システムによる今後の自動検出率を高めるための
    AIのトレーニングに使用しています」とした。これにより「2023年第1四半期YouTube全体で、一回も再生されずに削除されたのは40.4%で、1-10回の再生だったのは31.9%でした」と報告。
     

    続きは中日新聞
    2023年9月19日 11時20分 (9月19日 13時05分更新)
    https://www.chunichi.co.jp/article/772031?rct=on_entertainment

    【【衝撃】YouTube嫌がらせ・いじめで動画削除《3か月で67万件》も・・・】の続きを読む


    新井 恵理那(あらい えりな、1989年(平成元年)12月22日 - )は、セント・フォース所属のフリーアナウンサー、キャスター、タレント。アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ、神奈川県川崎市育ち。 青山学院大学在学中にミス青学のグランプリを受賞。2019年上半期、TV番組出演本数ランキング女性部門…
    45キロバイト (5,690 語) - 2023年7月22日 (土) 17:13

    (出典 www.crank-in.net)



    コメント欄を見る限り、批判的コメントが多いですが、これは完全なライン超えの誹謗中傷であり、最低な行為です。
    皆さんこのような事を絶対にしないようにしましょう。



    この方(アンチ)女性なのか男性なのかは分かりませんが、
    調べたところ https://www.youtube.com/@STAR3LEO-oi2pb/featured
    K国人男性アーティストの再生リストを複数作成していますね。


    【【女子アナ】新井恵理那の《アンチ》がヤバすぎる】の続きを読む


    ヒカル(本名:前田 圭太〈まえだ けいた〉、1991年〈平成3年〉5月29日 - )は、日本の男性YouTuber、歌手、実業家。血液型はO型。兵庫県神崎郡市川町出身。 髪の色が半分黒・半分金髪という独自のヘアスタイルや、高速なマシンガントークが特徴とされる。ReZARDというアパレルブランドを創立している。…
    38キロバイト (5,271 語) - 2023年7月3日 (月) 13:11

    (出典 president.ismcdn.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/07/15(土) 16:49:49.17 ID:dhHDmz1k9
    7/15(土) 11:26配信
    東スポWEB

     人気ユーチューバーのヒカルが15日までに自身のユーチューブチャンネルを更新し、急死したryuchellさんについてコメントした。

     自身も誹謗中傷を受けているというヒカルは「多分僕が死んだとしたら手の平、全員返して同情の声を投げかけるんだろうなって。でも僕が叩かれてた時には、みんなそれを楽しそうに見てるだけなんですよ。本当に心底気持ち悪い奴らの集まりなんだなって。ネットってそういうもんなんだなって改めて思いましたね」と率直な感想を語った。

     現在は、ネットでの誹謗中傷に対する批判の声が上がっているが「今は誹謗中傷はダメだって言うんですよ。そっちの方が数字取れるからなんですよ。みんな自分の数字欲しさにSNS呟いてる人がほとんど。だから1か月もしたら、また数字取れることを呟きます」と指摘。

     そのうえで「でもそれが当たり前だと。そういうもんなんだと思って強く生きて行くしかないと僕は考えてて。同情の気持ちもありますけど、やっぱり表に出る人間はそれを受け入れる覚悟を持ってやって行かないと難しい」と持論を語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ab706808144b8f8ab2f6326aea367978a6a5d87

    【【ヒカル】誹謗中傷に「表に出る人はそれを受け入れる覚悟を」】の続きを読む

    このページのトップヘ